ナチュラルドッグフード パーク

ナチュラルドッグフードの分からない疑問点を解消するブログです。

ナチュラルドッグフード

ナチュラルドッグフードの生産体制を教えてください

投稿日:

ナチュラルドッグフードの生産体制とは

工場

ナチュラルドッグフードを検討する際に、どんなところで作られているかって最も気になる部分ですよね。

特に海外、しかも遠方のイギリス産など大丈夫なのか?

安心できない要素はたくさんあります。

そこでこのページではナチュラルドッグフードの生産体制について詳しくお伝えします。

ナチュラルドッグフードの生産工場はイギリスのペットフード業界から高い評価と信頼を集めている専門工場なのです。

この工場は「欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準を軽くパスしている安心の工場で、恐らくイギリスの中で最も信頼できるペットフード工場です。

鮮度の高い少量生産

この工場の優れた特長は大規模な工場なのに「少量生産」であることなのです。

一度に大量生産をせずに、少量をこまめに生産します。

そのため鮮度は最大級に高いのです。

ここの工場はペットオーナー(飼い主)にいかに新鮮な状態のドッグフードを届けるか!

そのために日夜努力を続ける人達の集まりなのです。

この工場と、ナチュラルドッグフードの創設者「アラン・クリーザー」氏は10年来の長い信頼関係を築いています。

そのため、このようなきめ細かい体制を行っているのです。

そしてペットフード業界から高い評価を得ている最高な工場でもあるのです。

なので、安心して愛犬に与えられるペットフード工場であると思って間違いないのです。

安全性の高い製造ライン

ナチュラルドッグフードの工場は、イギリス産にこだわった新鮮な材料を使用します。

遠いところの原材料は鮮度と信頼性に劣るからです。

ここで鮮度の良い新鮮な材料がミキサーに掛けられた後に、115℃で3分間加熱された後でドッグフードになるのです。

この温度は熱によるビタミンの損失を出来る限り抑えるギリギリライン!。

これ以上、温度が低いと殺菌効果が無くなるので、まさに神業のような温度管理なのです。

ここがナチュラルドッグフードがプレミアムドッグフードのカリスマといわれるゆえんです。

品質テストは何と2回も!原材料&製品の厳格な検査

アランズ検査

ナチュラルドッグフードは製造前と製造後の2回も品質テストを実施しています。

製造前

原材料の品質テストを行います。ここでバクテリアの付着など製造の度に規模しくチェックしているのです。

製造後

ナチュラルドッグフード工場

製造後は完成したフードを何と3ミリまで粉砕!します。

専用の検査機でスキャンして、スペクトラム分析に掛けます。

そこで異常があれば即座に検知されるのです。

この検査は品質管理のエキスパートが行っていおり、厳格さは最上級と思って良いのです。

ナチュラルドッグフードの生産体制まとめ

ナチュラルドッグフード ラムナチュラルドッグフードは愛犬が一生食べ続けるもの。

だから品質は細心の注意を払う。

これが製造スタッフの責任ある認識なのです。

なのでもし、品質や生産体制で迷っているなら、ナチュラルドッグフードはあなたの希望以上の品質を持っていると思って良いでしょう。

-ナチュラルドッグフード